前へ
次へ

残りごはんを美味しく食べる方法があります

ごはんが少しだけ残ってしまったときは、そのまま保存せずに、ちょっとした一品を作って家族で美味しくいただいています。たとえば、ごはんにツナ缶とミックスベジタブル、青じそを細く刻んだものを混ぜてから、塩とこしょうで味付けをして、お団子の形に整えてから衣をつけて揚げて食べることがあります。中温に熱した油で2分から3分ほど揚げるだけで出来上がるので、ちょっとした空き時間に気軽に作ることができます。残りごはんで作ったと思えないほど美味しいので、我が家では人気の一品になっています。ちなみに、味に飽きたときは、カレー粉を少しだけプラスして作れば、ビールのおつまみにも合う一品になります。夕飯のときはもちろんのこと、おやつやおつまもにも最適なので、時にはわざとごはんを残して作ることもあります。残りごはんを無駄にすることなく、誰でも美味しく食べられる一品なので、これからも気軽に作って食卓に登場させたいと思っています。

Page Top